妙高台


    妙高台は晒経台とも呼ばれ、“”妙高“はサンスクリット語 “須弥”から来た言葉です。劉編《金山志》の記載によると:妙高台在伽藍殿後、宋元佑僧佛印鑿崖為之、高逾千丈、上有閣、一称晒経台。”(妙高台は伽藍殿の後ろに位置し、宋代の僧侶佛印が崖を掘って作った場所で、高さ千丈、上部には閣があり、晒経台とも呼ばれていました)幾つかの復興と廃棄を経て、明代の僧侶適中、清代の薜書常によって相次ぎ再建されました。1948年、金山寺の大殿と、藏経楼などが火事で壊れ、今は只痕が残っています。当時の、妙高台は月見ができる最高な場所で、有名な蘇東坡がここで月を愛でていたと言われています。
    其の以外、伝えによると、“梁紅玉、太鼓を敲き金兵と戦う”ストールはここでありました。1130年南宋の名将韓世忠は4千水兵で何万人の金兵を金山附近まで追い込み、奥さんの梁さんは妙高台で太鼓を鳴らし、士気をを応援し、金兀術の兵士をやっつけました。このストーリは演劇化され、勇ましい彼女の姿と美名は永久に伝っています。
 







友情链接 | 联系我们 | 网站地图 | 媒体专区