古代法海洞


    法海洞は又裴公洞とも言われます、慈寿塔の西側の崖にあります、伝えによると、金山寺の“開山祖師”法海和尚が金山に来た時泊まってた所だそうです。今、洞窟の中には法海の塑像が一つ置かれています、洞窟には“古代法海洞”と横額があります。神話ストーリ《白蛇伝で、法海は青年男女のよい縁組を壊す悪党の和尚と書かれているが、歴史上、彼は道義のある僧侶でした。法海の姓は裴で名前は陀頭、河東聞喜の人です。父裴休は唐の時代の宣宗皇帝の大臣で、“伴君如伴虎”(君主をかしずく事は虎と伴に生きる事)を感じ、一旦皇帝の気を触ると自分の身が危ない事を知って、仏教をとても信仰し、どんなに豊かであっても、むしろ出家したほうがいいと思っている方でした、そして、自分の子を出家させ和尚にしたのです。裴陀頭は出家し、江西の盧山に来て、法海と名づけました、彼は盧山で道を勉強し参禅し、修行に専念しました。後になって鎮江の金山に来ました、其の時、寺は荒れていて、雑草が栄え、おまけに蛇の災害にも遭っていました。彼は山の西北側にあるこの洞窟を見つけ、洞窟で参禅して座禅し続け、蛇は避け逃げました。法海が金山に来て、最大な望みは金山寺を修復することでした、彼は自分の指一節を燃やし、決心を示しました。ある日、僧侶たちが荊を除き道を切り開き、河の近くで土を掘っていた時、偶然、黄金を若干鎰(当時、一鎰は二十両の黄金)掘り出し、潤州の刺史である李奇に報告しました、李奇はこの事を宣宗皇帝に報告し、宣宗は黄金を寺院修復用として寄付し、 “金山”と “金山寺”と命名しました。







友情链接 | 联系我们 | 网站地图 | 媒体专区