御港


    山の北側には十三段の階段があります、原作と同じく伴月式で、両側には石の安全欄干があって、左右には鐘鼓楼(清代の咸豊年間に壊れました)があります。清代の康煕皇帝、乾隆皇帝が江南を考察する時、相次ぎ何回も金山に来てここから上陸したそうです、それで“御港”と呼ばれています。







友情链接 | 联系我们 | 网站地图 | 媒体专区