郭璞墓


    金山の西塔影湖畔には、組み合わせが錯綜している天然の石が置かれています、古くから石排(解)山、及び雲根島と呼ばれています。島には東晋の有名な文学者、語文学者である郭璞の遺物が葬られて、郭璞の墓とも言われています。郭璞は(276年‐‐324年)河東(今の山西省)聞喜の方で、字景純で博識多彩な、詞賦に置いては東晋のトップと言われています。著作として《尓雅注》、《尓雅図》、《尓雅図賛》、《山海経注》、《穆天子伝注》、《楚辞注》、《葬経》等があります。そして陰陽ト筮も解っています。これらの成就は、人から慕われました。明の時代日本使臣である中心叟和尚は金山に来て、郭璞の墓を拝んだそうです、そして詩を残しました:遺音寂寞鎖竜門、此日青嚢競不聞。水底有天行日月、墓前無地拝儿孫。(遺物は寂しく閉められ、今は誰にも聞かれる事無い。歳月は経っても、墓前に訪れる子孫無い)
    郭璞は権臣である王郭が帝位を奪い取るのを反対したため、武昌南崗で殺されました。明の時代、万暦33年の時、当時巡按御史であった黄吉士はか郭璞のために記念日を立て業績を称揚し、墓碑には“晋贈弘農太守郭璞之墓”と書きました。ですが、南宋の陸遊は《人蜀記》で例を挙げる程でもないが郭璞の墓は鎮江にいないと考証しました。後世の人はその説を否定しました。実は、歴史と伝説の共存は可能です。
 







友情链接 | 联系我们 | 网站地图 | 媒体专区